読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」が好きです

キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」が好きです。

クリムゾン・キングの宮殿

クリムゾン・キングの宮殿

なかなかすごいジャケットです。

プログレッシブ・ロック

ジャンルはプログレッシブ・ロック、進化したとか先進的なロックなどといった意味になります。


確かにふつうのロックとはちがいますね。

ジャズやクラシックや実験音楽?などの要素を取り入れ(フルートらしき音や、なにかの電子楽器の音などがあります)、静かな物悲しい雰囲気があるとともに、一曲が長めで、盛り上がりに欠ける間奏が延々と続いたりします(失礼)。


微妙に知的というか難解さというか、なにか精神性のようなものがあるような気も。


King Crimson-03-Epitaph (/w\ March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow) (Vinyl Sound)

全体的に曲調がメロウな感じで、そこに独特の音の要素が入っていて、おもしろいアルバムです。印象的な曲や特徴のある曲が多く、完成度も高い気がします。


ところで、このアルバムは1969年に発売されたんだそうです。40年以上も前なのか。しかし、今でも先進的な雰囲気はありますね。





年末の歌番組を見ていたら、妖怪ウォッチの主題歌を歌っているバンドは「キング・クリームソーダ」という名前なんですって。ひとりでウケてしまいました。








おしまい。