読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インターネット怖い話」を読んでみた

読書・テレビ・ラジオ

本日の内容

インターネット怖い話

「インターネット怖い話」を読んでみました。

あまり面白くありませんでした。

大したことのない内容を、無理に怖い話に仕立てあげてる?

内容に、どうも、羊頭狗肉というか牽強付会というか、そんな面があるように思います。


「携帯電話を使うと国語力がダウン」という話がありますが、内容は「OECDの調査で学力が落ちている時期と携帯の普及時期が重なってるから」だそうです。
「ネット証券をやると生活が不便になる」という話もありますが、内容は「デイトレーダーになると1日中株取引のことを考え始めるから」だそうです。

うーん、なんか変だなあ。前者は因果関係の話になるし、後者はデイトレーダーそのものの性質の話じゃないかなあ。


そんなわけで、この本は、大したことのない内容を、無理に怖い話に仕立てあげてる面が大きいように思います。

ですので、1/3程度で読むのをやめてしまいました。

文章はやたらとしっかりしている

しかし、文体が新聞記事か新聞連載コラムのような、やたらとしっかりした文体なので、説得力のない内容が説得力を持ってくる感があります。

しっかりした文体も良し悪しだなあと思いました。













おしまい。