読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホゲーム「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」はやりごたえを感じない気がする

ゲーム 不平・不満・不機嫌

本日の内容

  • スマホゲーム「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」をやってみました
  • やりごたえを感じない
  • なぜかダラダラやりたくなる
  • そういうのはオンラインゲームの特徴?
  • やめたいけどついやってしまう

スマホゲーム「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」をやってみました

スマホのオンラインクイズゲーム「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」をやってみました。colopl.co.jp

やりごたえがないのに、ついやってしまいます。

ゲームシステムが別なゲームとほぼ同じ

ところで、ゲームシステムが、以前プレイした「クイズオブワルキューレ(Quiz of Walkure)クイズオブワルキューレ(Quiz of Walkure)のクイズ問題はいまひとつ - CrazyCrescent のブログ )」とそっくりです。というよりほぼ同じです。

ちょっとびっくりしましたが、オンラインゲームの世界は、こういうのも「あり」なのかな?

やりごたえを感じない

初めてカードゲームRPG(=クイズオブワルキューレ)をプレイしたときは、「カードゲームRPGとしてはよくできている」と思いましたけど、今回は「どうもやりごたえがないなあ」と思いました。

なぜか、と言われると難しいんですが、どうもそんな気がします。

なぜかダラダラやりたくなる

やりごたえがないのに、なぜかダラダラとプレイしたくなります。

ダンジョン・課題の配置?

やりごたえがない代わりに、攻略すべきダンジョンや課題が、ダラダラダラ~っとあるので、ついプレイしたくなるんでしょうか。
挑戦すればほぼクリアできるため、つい作業的にやってしまうんでしょうか。

楽すぎるクイズのため?

クイズが楽すぎるので、正解の喜びは低いのですが、ほぼ全問正解なので「低い喜びが続き続ける」状態になり、それもダラダラと続けさせる要因になっているのでしょうか。

こういうのはオンラインゲームの特徴?

こういうのが、オンラインゲームの特徴なのかなあ?

コンシューマーゲームの場合は

コンシューマーゲームPSP3DSみたいな、買い切り型のゲーム)は、そうじゃなかったけどなあ。「お金を払ったからには、それに見合う内容がほしい」というのがあって、それを満たさないと次回作や同メーカーのゲームが売れなくなるから、それ相応の内容・やりごたえはあったように思うんだけどなあ。

(これを満たさないと「クソゲー」と言われてしまいます。クソゲーハンターの阿部広樹さんによると、1作目がクソゲーだと、続編がどんなに良くてもまず売れないそうです。これを「プレイヤーの怒りの審判が下る」と表現していました。)

やめたいけどついやってしまう

ということで、私もやめたいんですが、ついプレイしてしまいます。


私の端末がウォークマンだからか、ものすごく電池を食うんですよ。その上、本体がかなり発熱します。
これ、だめなんじゃないかなあ。「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」は、もっと強力なスマホ向けゲームで、ウォークマンF806でプレイするのは無理があるんでしょうね。


なのに、ついやってしまいます。せっかくブログに書いたことだし、もうやめよう。やめられるかなあ。









閲覧者の皆様におかれましては、ダラダラダラ~っとしたプレイが好きでない限り、この手のゲームには手を出さないほうがいいかもしれません。


おしまい。