読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタル音楽に馴染んできた気がする

本日の内容

  • メタル音楽に馴染んできた気がする
  • 重低音が心地よい

メタル音楽に馴染んできた気がする

先日から、メタル音楽に興味を持って聴いていましたが( メタルという音楽を聴いてみたくなりました - CrazyCrescent のブログ )、だんだん馴染んで来たように思います。


http://hdwallpapersbase.com/wp-content/uploads/2013/06/iron-maiden-logo-picture.jpg

ビートの効いたリズムと、迫力ある重低音と、案外と音楽性があるところが、気に入ってきた、みたいな。(相変わらず、音楽を表現する力がなくてすみません。)

音自体が心地よい

メタルは、音自体が心地よい感じがします。

バッハのピアノ曲は、よく組み立てられたというか理知的というか、そんな気がします。
それに対して、メタルは、リズムや迫力のある重低音が、聞いているとそれだけで、音自体が快感になる気がします。

よく、イヤホンの謳い文句に、「迫力の重低音」なんてのがありますが、メタルを聞く人にとっては、迫力の重低音は大きな魅力なんでしょうなあ。


「軽音楽」という言葉がありますが、メタルは「重音楽」とでも言うべきかもしれません。(軽音楽が自転車で軽やかに、なら、重音楽は戦車でバリバリ、みたいな。違うか。)


でも、たまにクラシックを聴くと、ちょっとホッとしちゃいます。












おしまい。