読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島四郎・サトウサンペイの「食べ物さん、ありがとう」を読んでみた

  • 川島四郎サトウサンペイの「食べ物さん、ありがとう」を読んでみた
  • ライオンは草も食べる?
  • 俗説なんじゃないかなあ?
  • 話半分でも役に立つかも

川島四郎サトウサンペイの「食べ物さん、ありがとう」を読んでみた

川島四郎サトウサンペイの「食べ物さん、ありがとう」(正続)を読んでみました。一応、栄養学の本、ということになってます。

食べ物さん、ありがとう (朝日文庫)

食べ物さん、ありがとう (朝日文庫)

これは、雑誌連載をまとめたもので、川島四郎さんは、元日本軍の栄養学者、サトウサンペイさんは「フジ三太郎」等で有名なマンガ家です。

対談ではありますが、川島四郎さんの栄養学の講義をサトウサンペイさんが受ける、という形になっています。


こどものころは「へえー」と思いながら読んでいたんですけどね…。

ライオンは草も食べる?

私は、野菜が好きなのですが、それは、この本(が雑誌に連載されていたときの記事)で、こんな話を読んだからです。

ライオンは肉食と思われているが、草も食べる。
シマウマを捕まえると、最初に内蔵、特に腸を食べる。腸の中には、半消化済みの草のペーストが詰まっているが、それが目当てなのだ。

(子どもの私)いやー、不思議に思っていたんですよ。よく「生肉を食べるから大丈夫」って言うけど、それだけで足りるのかなあ、と思ってたんです。


しかも、なぜライオンが草を食べなきゃいけないかまで書いてありました。

血には、ヘモグロビンという大切な要素がある。これは、四角い分子の中に中心にFe(鉄)が入っている構造をしている。
で、草に含まれる葉緑素は、真ん中にMg(マグネシウム)が入っているだけで、あとはヘモグロビンとよく似た四角い構造をしている。

なので、血液を健康に保つためには、どうしても緑の野菜を食べなくてはならないのだ。

(子どもの私)へぇー。そうなのか。と思ったら、レバーなんかより、ほうれん草の方が血液材料のかたまりに見えてきました。
これを食わないで何を食う。ゆですぎでぐちゃぐちゃ?シマウマのお腹の中の草はもっとぐちゃぐちゃだったろう。逆に消化にいいぐらいだぞ!


今でも、ほうれん草に限らず、野菜はなんでも好きです。

俗説なんじゃないかなあ?

でも、これって、俗説みたいですね。だって、ダーウィンが来た!他の番組で、そういう話を一度も聞いたことがないですもん。
「貧血には葉緑素(緑の野菜)」ってのも、聞いたことないですし。


ま、そんなような話がいくつかあります。例えば、格闘家のホイス・グレイシーさんが実践しているので有名になった「人間の歯の本数に合わせて食事をせよ」も書いてありました。

一応お話すると

「人間の歯を、上あごだけ数えると、門歯(草を噛み切る)が4本、犬歯(肉を噛み切る)が2本、臼歯(穀類をすりつぶす)が10本ある。よって、その比率で食べるのが自然の摂理なのだ。
だから、野菜:肉:穀物は、(約分すると)2:1:5 の比率で食べるべきなのだ。(約分するので下あごも数えないことにします)」

うーん、それは栄養学じゃなくて、思想じゃないかなあ。ホイスさん自身も、ストイックな武道家で、あまりに強いから、ちょっとあっちがわに行きかけてるところがあるし。


だいたい、私はメガネをかけているせいか、「自然は〜だから人間も〜すべし」パターンは、正直好きじゃないんです。火にかけたものを食べたり薬を飲んだりするのも人間だけですし。

話半分でも役に立つかも

と、今読むと、あまり本気で読むものじゃないなあ、と思います。でも、好き嫌いがひとつなくなった(なくなっていた)のは、大きな収穫でしたね。
もっと読み続けていれば、小魚や海藻も好物になっていたかもしれません。


ま、話半分で読んでおいて、「だから、好き嫌いはなくさないとだめだなあ」と思うようにするのがいいんではないかと思います。








おしまい。