読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みの宿題を魅力的なものにすれば?

本日の内容

  • 夏休みの宿題代行サービス
  • 学校の宿題には魅力がない?
  • 宿題を魅力的にすれば?
  • このままだとどんどん格差が広がっていく?

夏休みの宿題代行サービス

先日の新聞で、「夏休みの宿題代行サービス」の記事がありました。卒論は聞いたことがありましたが、小中学生の宿題代行も出てきたんですね。


宿題の依頼は、やっぱり読書感想文が多く、あとは、自由研究・漢字の書き取りあたりだそうです。


http://keni-life365.up.n.seesaa.net/keni-life365/image/1.gif?d=a0

学校の宿題はやる価値がない?

頼む側は「塾の勉強に時間をあてたいから」という理由が多いそうです。すると、「時間をかけて学校の宿題をするよりも、塾に行ったほうがいい」と考えているわけで、学校の宿題を、言葉は悪いですが「役に立たないもの」「やる価値がないもの」と考えているようです。

宿題を魅力的にすれば?

それじゃあですね、学校の宿題を「やる価値があるもの」「やりたくなるような魅力があるもの」にしていけばどうでしょう?

以前、私立中の数学の自由研究課題を見たことがありますが、極めて興味深く、内容の深いものばかりでした。しかも、全員の答えの中からいいものを選んでプリントを作り、2学期にもう一度授業をやるというしっかりぶりです。


自由研究は提出して終わり、と思い込んでいた私は、2度びっくりしました。

このままだとどんどん格差が広がっていく?

現状では「魅力もなければやる価値も薄い課題」は「金で回避できる層は回避する」となっているようです。

と、いうことは…。金で回避できる層は回避してより受験に有利になるし、回避できない層はやる価値の薄い課題に時間を取られて、受験に不利になる。
しかも、私立学校では、魅力があってやる価値のある課題を出してくるとなると、ますます格差が開いていく。

そんなことになってません?


公立の先生も、魅力があって、やる価値のある課題を出すとともに、課題を出しっぱなしにしない(ちゃんと追いかけていく)ようにすれば、宿題代行サービスを利用する生徒(家庭)も少なくなると思うんですが、どうでしょう?









おしまい。