読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコンの消費電力を計ってみました

本日の内容

※今日のは、備忘録です。

  • タイマー付き消費電力計を買いました
  • 自作ハイエンドマシンはやっぱり電気を食う
  • ノートパソコンは電気を食わない
  • ノートパソコン同士ならあまり変わらない?
    • FM-BIBLO
    • もっと少ないノートパソコンもある
  • 今回の結果
    • ハイエンド自作は電気を食う
    • モニタの電力も忘れずに
    • ノートパソコンは電気を食わない
    • ノート同士ならあまり変わらない?
    • スリープは便利で省電力


  • おまけその1:電気代の概算
  • おまけその2:節電設定はあまり効き目がない
    • 節電ソフトを使う
    • モニタの明るさを下げる

タイマー付き消費電力計を買いました

コンセントのタイマーを買ったのですが、せっかくなので、消費電力も計れるものにしてみました。

節電エコタイマーET55D

節電エコタイマーET55D


1785円でした。設定のしかたや使いかたにちょっとめんどくさいところがあります。


これを使って、パソコンの消費電力をいろいろ計ってみました。

自作ハイエンドマシンはやっぱり電気を食う

マシン

メインマシンはcore i7 920、つまり2008年ごろの第一世代の core i7 と GTS250、当時のハイエンドに近いです。

通常運転 160~190W
負荷運転 270~290W

100W電球2つ分という、一番電気を食うマシンです。発熱もすごい。

モニタ

さらに、モニタが別なので、それを付け加えます。

モニタ(2つ) 67Wぐらい

モニタの消費電力は、運転状態によって変わるわけではない感じでした。

外付けHDD

そんでもって、外付けHDDをつけているんですねぇ。

外付けUSB 27Wぐらい

後述しますが、HDDとしてはかなり電気を食っています。4基の内蔵HDDをガチャポンパして外付けにするタイプだからかなあ。4基もあるのは、自作を繰り返すと小容量のHDDがわけわからなくたまっていくんですよ。
HDD1基で5Wぐらいらしいので、HDD5W×4=20wに本体7W、なのかな?


(「これだけのHDDを内蔵にしたら、けっこう電気を食うぞ」「だったら、要る時だけ電源を入れられるガチャポンパUSBの方がいいんじゃ?」と思ったんですが、どうやらそのようです。後に自作した時の内蔵HDDの消費電力は「ストレージ用HDDを1つつけると5W程度消費電力が増える」感じでしたから。
ただし、転送速度は遅いです。4基のHDDをUSB3.0ケーブル一本でタコ足配線しているようなイメージでしょうか。もう、3TBぐらいのHDDを買って1基にまとめちゃった方がいいのかも?)

合計

で、メインマシンの消費電力はこんな感じ。

本体+モニタ 230~250W前後

後述するノートパソコンの10倍程度という、恐ろしいぐらいに電気を食います。また、発熱もすごいです。

スリープ

せっかくですから、スリープも見てみると

スリープ状態 7W

でした。じゃあ、スリープをもっと活用しよう。席を外すときは積極的にスリープに。

ノートパソコンは電気を食わない

Lenovo X200

次はLenovo X200、DVDドライブがついていない、小型軽量・モバイルノートパソコンです。

種類がいろいろあるんですが、Core2Duo2.26GHz(P8400)、でもメモリが1GBというのがちょっと失敗でした。

でも、この程度の性能でも、軽量linuxをインストールすると、結構使える感じです。
http://shopap.lenovo.com/ISS_Static/WW/ap/jp/ja/products/expired_placeholder/i/x200.jpg
ノートブック - ThinkPad X200 | Lenovo 日本

通常運転 18~20W
負荷運転 32~35W

本当に1/10ぐらいです。こりゃあ、自作するよりノートパソコンを買ったほうがいいかなあ?

その上、4基の外付けHDDと同じくらいしか電気を消費しないんです。いや、逆に、古くて小容量のHDDを何個も使うほうがまちがっているのかも?
自作を繰り返しで余った部品を流用するより、思い切って買い換えたほうがいいのかな?

ノートパソコン同士ならあまり変わらない?

FM-BIBLO

こないだ買った、中古のFMV-BIBLOです。

富士通 FMV-BIBLO NF/A70 FMVNFA70W

富士通 FMV-BIBLO NF/A70 FMVNFA70W

大きさがずいぶんちがうので、Lenovo X200 より電気を食うかと思ったら

通常運転 23W
負荷運転 42~45W

あまり変わりません。
だったら、FMV-BIBLO をもっと使おう。画面がでかいし、メモリが2GBあるから、動きがいいし。

もっと少ないノートパソコンもある

せっかくですから、Vaio も借りて計ってみました。

通常運転 13~16W
負荷運転 29~30W

すごい省電力。型番がわからないのですが、エナジースターもついてるし。さすがに動きがちょっと遅い感じでしたけど。

今回の結果

今回の結果で、思ったことを書いておきます。

ハイエンド自作は電気を食う

ハイエンドの自作マシンは、ホント、電気を食いますね。次に自作するときは、消費電力も考えるか、いっそのこと市販のマシンにしたほうがいいかもしれません。

でも、パソコン自作(とパソコンいじり)は、大事な趣味だからなあ。

モニタの電力も忘れずに

大きさにもよりますけど、でかいモニタだとノートパソコン1台分ぐらいは電気を食うみたいです。わ、私、デュアルモニタやってるんだ。

ノートパソコンは電気を食わない

バッテリー駆動が前提だからでしょうか?でも、モニタの消費電力はどうなっているんでしょうね?

ノート同士ならあまり変わらない?

3台見てみましたけど、小型も大型もあまり変わらないみたいです。

スリープは便利で省電力

シャットダウンと違って、スリープはすぐに再開できて、電力消費も少ないという、便利なモードであることがわかりました。
スリープって、もっと電力を消費するのかと思ってた。





消費電力モニタって、けっこう面白いですね。



おしまい。

おまけその1:電気代の概算

おまけとして、電気代を概算してみます。
電気代ですが、適当に 電気代の計算方法、計算の仕方 を参考にして、第2段階料金の「1kWh 25円」にします。

マシン 1時間 1日 1ヶ月
自作ハイエンドマシン(250W) 6.25円 50円(8時間) 1500円(30日)

ううむ、高い。実際は8時間も使わないけど。今度自作するときは、電気代も考えよう。

マシン 1時間 1日 1ヶ月
Lenovo(20W) 0.5円 4円(8時間) 120円(30日)

1/10以下だもんなあ。Lenovoを中心に使おうかなあ。遅くてストレスたまるけど。

マシン 1時間 1日 1ヶ月
FMV-Biblo(25W) 0.625円 5円(8時間) 150円(30日)

ノートPCって、電気代が安いなあ。


ふだんはノートPCを使って、高負荷作業時だけメインマシンにしようか。高負荷作業なんてめったにやらないし。

おまけその2:節電設定はあまり効き目がない

節電ソフトを使う

Dynamic Energy Saverという、節電ソフトを試してみました。商品検索 - Yahoo!買い物ナビゲーター


これは、マザーボードについてくるユーティリティソフトで、自作しない方には縁がないソフトかもしれません。でも、気にしないで大丈夫です。普通節電モードにしてみましたが、7~8Wしか減りませんでしたので。

最高節電モードに設定したかったんですが、設定するとWindowsが落ちるので、できませんでした。CPU電圧を下げすぎるとか、なにかあるのかなあ。

モニタの明るさを下げる

ならば、ということで、モニタの明るさを下げてみました。

明るさ 100% 60%
消費電力 67w 54W

多少効き目がありますな。これで、20%ほどの節電になります。絶対数では13Wと大したことはないですが。

モニタの明るさは、目が疲れない程度に落としておくと、1~2割の節電にはなるかも?



うーむ、節電設定ってのは、あまり効き目がありませんね。

やはり、購入する段階で節電設計のものを買うとか、自作する段階で節電設計にする、みたいな、根本的な節電対策をしないと、あまり効き目はないみたいです。