読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めて買ったパソコンはFMV-DESKPOWER S

先日いろいろ linux を試してるうちに、最初に買ったパソコンを思い出して、検索してみました。


私じゃなくて、親が買ってきたんですけど、「DESKPOWER S (Win95モデル) 」で、お値段はなんと、248,000円でした。確かに、それぐらいの値段だった気がします。

http://www.fmworld.net/product/former/dp9511/dph3.gif
( 紹介ページはこれ http://www.fmworld.net/product/former/dp9511/dph.html 、スペック表はこれ http://www.fmworld.net/product/former/dp9511/dphspec.html です。)


メモリが16MBなのも驚きですが、HDDがなんと850MB!。 1GB無いんですね。今じゃ2GBのUSBメモリも見かけなくなったのに。

現在は軽量linuxでもメモリを128MBぐらいは消費しますから、それを考えると、隔世の感があります。20年前なんですけど。


で、結局父親は使えずに私が使ったとか、よくカーディガンズのCDを聞きながらピンボールをやったとか、プリンタが結局使えずじまいだったとか、むちゃくちゃいじって起動しなくなったときは焦ったけどコールセンターに電話したら電話越しに1時間近くかけてリカバリーしてくれたとか、それ以来ひたすらディレクトリを探検していじっちゃぶっ壊して自分で直してを繰り返したとか、そのおかげで何となくパソコンがわかってきたとか、次は自分で部品から組み上げたいと思ってWindows98で初めて自作したとか、でも初代のパソコンを忘れないのは「初めての車とパソコンは、どんなに遍歴を重ねても忘れない、初恋の人に似ている」っていうけど(?)その通りなんだろうなあ、とか、いっぱいあるので書かないで終わりです。





おしまい。