読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとした疑問

本日の内容

  • ワインの熟成
  • アリの共同作業
  • 擬態の視覚偏重
  • 録音スタジオのやたらとつまみのついてる機械

ワインの熟成

ワインって、瓶詰めにして長期間おいておくと、熟成しておいしくなるそうですね。あれ、不思議じゃありません?
http://topics.blog.suntory.co.jp/mt4img/1111091%E7%99%BB%E7%BE%8E%E3%81%AE%E4%B8%98%E8%B2%AF%E8%94%B5%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3JPG.JPG


だって、密封された瓶の中で味が変わるんでしょ?味が変わると言うことは成分が変わっているはずです。だから、化学反応が起こっていると考えるしかないんじゃ?

密封された瓶の中で、化学反応が起こるんでしょうか?「日光や温度変化があると化学反応が起こって…」とも考えられますが、日光はおろか、温度も厳重に管理しているみたいですし。

どっちかって言うと「味が変わりにくいような条件を整えて保存している」と言えるような。


生き残った酵母が成分を変えている?でも、酵母の栄養源は、瓶の中にあるものだけですから、すぐに使い切ったりしませんか?熟成期間はものすごく長いのに。


なんで、密封された瓶の中で、ワインの味が変わるんでしょう?ちょっと不思議です。

アリの共同作業

アリって、獲物を見つけると道を作って行き来し、大きなものはみんなでひっぱって巣まで運びます。

あれ、アリの目線から考えると、不思議じゃないですか?
http://teishoin.net/blog/2007/20070516-01.jpg

アリの目線の高さ(低さ)になったところを想像すると、前なんか見えませんよね?小石どころか、砂粒だって視界を妨げます。おそらく、視程はゼロに近いでしょう。

で、どうやって共同作業をしているんでしょう?道を作るのはにおいを使うそうですが、共同作業はねえ…。ちょっと大きめの獲物だったら、自分が何をしているか、どっち方向にひっぱってるのか、把握できるんでしょうか?

みんなで巣の方向に向けてひっぱることなんて、できるんでしょうか?



なんでアリは統制の取れた共同作業ができるのか、ちょっと不思議です。生物学者は知ってるかも知れませんけど。

擬態の視覚偏重

昆虫で思い出しましたが、擬態ってあるじゃないですか。ナナフシという虫が枝そっくりだったり、コノハムシが枯葉そっくりだったり、ハナカマキリが花そっくりだったりするやつです。
http://cdn.nanxiongnandi.com/bing/OrchidMantis_JA-JP808448237.jpg


あれって、視覚をだますだけでいいんでしょうかね?


なんでも、人間より視覚がずっと劣っている動物の方が多いそうですし、モンシロチョウのように、紫外線が見えるから人間とはかなり違った世界を見ている昆虫もいるとか。「犬は視覚が弱い代わりに嗅覚がものすごく発達している。であるからして、犬は『においの風景』を感じている」なんて真偽不明のウワサも聞いたことがあります。

となると、視覚をだますだけでいいんでしょうか?どっちかっていうと、においの擬態や紫外線に対する擬態の方が効果的で、「人間から見たら目立つけど、動物同士では全くわからない」みたいな擬態の方が多い、という方が自然じゃないでしょうか?

たしか、ある種のアリやアブラムシが、相手の集団と同じ分子構造のワックスを分泌することにより、相手のアリ集団に溶け込むようなことがあったんじゃなかったかと思うんですが(化学擬態というらしいです)、そういう方が、視覚の擬態より多い方が、自然な気がします。


なんで擬態は視覚偏重なのか、ちょっと不思議です。

録音スタジオのやたらとつまみのついてる機械

録音スタジオには、やたらとつまみのついている機械、ありません?
http://www.miroc.co.jp/show-report/namm2014/wp-content/uploads/2014/02/NAMM2014_ARR_24-536x357.jpg

あれを使っている人は、使いこなしているというか、全部のつまみの意味と調整をきちんと把握しているんでしょうか?


あまりそうは思えないんだけどなあ。だって、全部を細かく調整している写真って、見たことないですもん。たぶん、新品から一度も動かされたことのないつまみの方が多いと思います(笑い)。
きっと、トイレに行ってるすきに、こっそり一つ二つ動かしておいても、気がつかないんじゃないかなあ?

それに、複雑な音響処理なら、今ならコンピュータでやった方が、いくらでも細かく調整できるんじゃないかなあ。わざわざアナログなつまみを100個も200個も用意する必要はないんじゃないか、というより、コンピュータ処理の方ががいいんじゃないかなあ。


あの装置は、本当にいるんでしょうか?ひょっとして、スタジオの雰囲気を出すためのインテリアになっているとか?






おしまい。