読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコンソフトにも「クーリングオフ」を適用させては?

本日の内容

  • いやなソフトをインストールしてしまいました
  • どうしてもアンインストールできない
  • インストール許可は出しちゃったけど
  • ソフトにもクーリングオフを制定しては?

いやなソフトをインストールしてしまいました

先日から、linux から Windows に戻したのですが、それはそれとして。


Windows に、「DVD を焼く前にきちんとできているか確認できるソフト」をインストールしたら、やっぱりいやなソフト(マルウェア?)をインストールされてしまいました。相当に注意はしていたんですけどね。


まあ、そのソフトが「レンタルDVD の複製もできるらしいソフト」だったようなので、元々が怪しいソフトだから、自業自得とも言えます(笑)。*1

どうしてもアンインストールできない

どうしてもアンインストールできないので、検索してみました。すると、やたらと複雑な英語の対処法ページがありましたが、私では無理でしょう。
ということで、システムを再インストールしてしまいました。linux から Windows に変えたばかりで、再インストールしてもたいしたことはない、という状況でしたから。

インストール許可は出しちゃったけど

しかし、普通の手段じゃアンインストールできないソフトって、「あり」なんでしょうかね?


まあ、形の上では英語でインストール許可を出していますが、アレは、さすがに無効じゃないですか?


賭博覇王伝 零」というマンガに「説明は隅っこにアラビア語で書いてあるから合法。模様だと思ったのはそっちの勝手」というネタがありましたけど、日本人にとっては、あれに近いんじゃないかと思います。

ソフトにもクーリングオフを制定しては?

といわけで、「ソフトは、通常の手段でアンインストールできなくてはならない」という、いわば「パソコンソフト・クーリングオフ」制度ができないでしょうか?

ワンクリック詐欺の前例もありますし。


この手のインストール許可は、ある意味、新手のワンクリック詐欺とも言えません?

「あの手のソフトはウィルス同然」となってくれて、アンチウィルスに引っかかる or アンチウィルスが削除してくれるようになると、助かるんですが。

大手アンチウィルス会社の人、どうですか?対応すると、たぶん飛ぶようにダウンロードされますよ、きっと(笑)。(有料で売れるかどうかは、わかりませんけど。)








おしまい。

*1:私がインストールしたのは「DemonTool」というソフトですが、同じ機能が「WinCDEmu」でできるそうです。「WinCDEmu」は変なものをインストールしてこないらしいので、そっちを利用すればよかったなあ。「Alcohol52%」も変なものをインストールしてくるそうですよ。