イヤホンを買い替えました

本日の内容

  • イヤホンを買い替えました
  • 試聴
    • 1,000〜3,000円ぐらいの価格帯
    • メーカーごとの特色があるかも?
  • イヤホンをしたまま眠れない
  • 音質はどうでもいい?

イヤホンを買い替えました

イヤホンを買い替えました。
店頭でいろいろ試聴して気に入ったやつを買いました。

(アマゾン価格:¥ 1,580)


もともと使ってたのは、これです。気に入っていたんですけど、片っぽが聞こえなくなっちゃったので。

JVC HA-FX31-P カナル型イヤホン ピンク

JVC HA-FX31-P カナル型イヤホン ピンク

(アマゾン価格:¥ 1,600)

試聴

同じのを買っても良かったんですが、せっかくですので別なのにしました。


店頭で試聴してみて、いいと思ったのは、こんなのです。

SONY カナル型イヤホン ブラック XBA-C10/B

SONY カナル型イヤホン ブラック XBA-C10/B

(アマゾン価格:¥ 2,980)

忘れたけどよかった


JVC HA-FX19-LA カナル型イヤホン ライトブルー

JVC HA-FX19-LA カナル型イヤホン ライトブルー

(アマゾン価格:¥ 2,000)

元のと似ていて聞き慣れた音


JVC HA-FXH20-S カナル型イヤホン ダイレクトトップマウント構造採用 シルバー

JVC HA-FXH20-S カナル型イヤホン ダイレクトトップマウント構造採用 シルバー

(アマゾン価格:¥ 3,200)

元のと似ていていい音


(アマゾン価格:¥ 1,800)

なんかよかった


(アマゾン価格:¥ 1,706)

室内楽以外は良かった


(アマゾン価格:¥ 1,580)

これにしよう

1,000〜3,000円ぐらいの価格帯

だいたい1,000円〜3,000円と(イヤホンにしては)安めの価格帯ばかり試聴したのは、お金がないのと、PSP go でmp3を聴くのが主のため、そこそこでいいと思ったからです。( PSPgoで音楽を聴いてます - CrazyCrescent のブログ

メーカーごとの特色があるかも?

今回試聴してみて、メーカーごとに特色があるというか、メーカーが同じだと聴こえかたが似ているような気がしました。どのメーカーがどう、というのは忘れてしまいましたが。


で、聞き慣れたJVCが好評価ですが、なぜかオーディオテクニカも(メーカーごと)気に入りました。

これらの中ならどれでも良かったんですが、せっかくだからJVC以外かつお安いもの、という基準になりました。


音質は満足しています。

でも、もともと大した機器で再生するわけじゃないし、耳にもあまり自信がありませんし(自虐っぽいけど本当です)、後述しますが、音質はある意味どうでもいいとも言えますし。

乱暴な意見ですが。

イヤホンをしたまま眠れない

買ってから気が付きましたが、イヤホンをしたまま眠れません。元のイヤホンは小さくて、寝ていても気にならなかったのに、今回のはやや大きめなので、ちょっと邪魔で耳が痛くなっちゃいます。困ったなあ。そこまで考えなかった。


イヤホンの装着感も慎重に検討すればよかったなあ。

音質はどうでもいい?

ところで音質ですが、あんがいどうでもいいのかも知れません。


相当の悪音質でも、3日もすると慣れちゃいます。

壊れてから買うまでの間、10年以上前のボロボロのイヤホンで聴いてましたが、3〜4日で平気になります。(女性の皆様には済みませんが、美人は3ヶ月で飽きるが、そうでない方は3日で慣れる、って言うじゃないですか。あれと同じかも知れません。)


ということは、ある程度のレベルなら、どれでも良かったような…。ま、いいか。今度買うときは、音質よりも「したまま眠れる装着感」を優先条件にするか、いっそのこと、元と同じのを買ってもいいかも知れません。


たくさんのイヤホンを試聴してから買い換えた、という今回の記事を根底から覆すような話になってしまいました。





おしまい。