読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品異物混入事件の連続報道

本日の内容

  • 食品異物混入事件が連続で報道される
  • 異物混入は以前からあった?
  • 報道関係者によって世論が作られる?

食品異物混入事件が連続で報道される

ここのところ、食品に異物が混入するというニュースが立て続けに報道されてますね。

あれ、最近になって異物混入が増えたんでしょうか?それとも、以前からあったけどニュースにならなかっただけでしょうか?

異物混入は以前からあった?

わたしは、以前からあったけどニュースにならなかっただけではないかと思います。

2013年に報道された、一連の食材偽装問題も、ひとつ見つかったら連続で報道されましたし、2014年の危険ドラッグ(脱法ハーブ等)事件も、ひとつ見つかったら連続で報道されましたし。


そういう報道の仕方は、日本の報道の特徴のひとつではないかと思います。一時的に問題視するけどすぐに忘れ去っていくのも。

報道関係者によって世論が作られる?

まあ、報道されているのでいいんですけど、今までは事件を握り潰していた(ようなもの)んじゃないかと思うと、なんだかなあと思います。


報道関係者が作る報道キャンペーンによって、世論が作られていくような不安を感じたり。

事件を起こした側は「今は報道キャンペーン中だから運が悪かった。とにかく謝罪してやり過ごせば、すぐ元通りになる」なんて考え始めるんじゃないか、という釈然としなさを感じたり。




おしまい。