読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコンの調子が悪かったのは内部でケーブルが外れていたせいでした

本日の内容

  • ケーブルが外れて電源供給が不安定に
  • トラブルに再現性がない
  • 自作パソコンはケーブルの取り回しにも気をつけよう

パソコン内部でケーブルが外れていた

ここ1年ぐらい、ずっとパソコンの調子が悪かったのですが、それはパソコン内部でケーブルが外れていたせいだとわかりました。

ケーブルが外れて電源供給が不安定に

パソコンの調子の悪さに辟易して作り変えを検討し(私は自作派です)、もう部品を買ってくる段階になって「今のパソコンから流用できる部品はないか」と思ってケースを開けたところ、ケーブルが一本抜けてました。これが原因だったのか。

抜けていたのは、マザーボードに電源を供給するケーブルで、それもATX用の部分だけ抜けていました。microATXの分は刺さっていたので、不安定ながらも動いていたのだ思います。(それとも、最初のうちは接触不良の状態になっていたのかな?)

トラブルに再現性がない

こういうのって、トラブルに再現性がないから困るんですよね。


「いきなり落ちる(電源が切れる)」「画面が固まって何も受け付けない」「画面が固まるはキーボードコマンドは受け付ける」「Biosに入ったたあと動かなくなる」「Biosに入らない」「画面の電源が入らない(OS自体は立ち上がっているフシがある)」「HDDの調子が良くない(認識に時間がかかる、lost+foundフォルダが作られる(私はlinuxを使ってます))」「HDDが吹っ飛ぶ(もちろんデータもorz)」…。


どこがどう悪いのか、さっぱりわかりません。毎回同じトラブルが出るか、いっそのこと100%動かなくなれば、さっさと見切りをつけたのに。

しかも、素人がlinuxを使っているので「不調の理由は設定や使い方が悪いからじゃないか」なんてことまで考えると、もう、どこから考えたらいいのやら。

自作パソコンはケーブルの取り回しにも気をつけよう

最後にメンテナンスをした時の、パソコンケース内のケーブルの取り回しが悪かったのでしょう。こんどは取り回しを考えて、抜けにくいようにしてみました。幸い、今日まで安定して動いています。

閲覧者の皆様の中で自作派の方がいましたら、ケーブルの取り回しをきちんとやったほうがいいかも知れません。エアフローの冷却問題の他に、こっちでも問題を起こすかもしれません。


ちぇっ、もっと性能のいいパソコンに乗り換えるつもりだったのになあ。でも、約10万円を使わないですんだから、いいとしようかな。




おしまい。