読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかんちの「SWEETS~BEST COLLECTION」 が好きです

本日の内容

  • すかんちの「SWEETS~BEST COLLECTION」 が好きです
    • 甘っちょろい恋の歌みたいに聴こえる
    • 実はロックが根底にある
    • 閲覧者のみなさまにもおすすめします



すかんちの「SWEETS~BEST COLLECTION」 が好きです

すかんちの「SWEETS~BEST COLLECTION」が好きです。

甘っちょろい恋の歌にみたいに聴こえる

一聴すると、中高生向けの甘っちょろい恋の歌っぽいです。ニール・セダカの「Happy Birthday Sweet Sixteen」みたいな印象です。(これじゃ説明になってないですね。
Neil Sedaka "Happy Birthday Sweet Sixteen" - YouTube みたいな感じです。)

実はロックのバックボーンがある

というのは見かけだけで、実は根底にしっかりとしたロックのバックボーンがある、という感じがします。私はクイーンの影響ぐらいしかわからなかったのですが、きっとたくさんのロックミュージシャンの影響を受けているのでしょう。
(たしか、ボーカルのローリー寺西は、子供の頃から、当時珍しかった家庭用ビデオで、ロック特集を録画しては友達を集めて上映会をやってたんじゃなかったかな?)


そんな、ロックが血となり肉となっている人が、あえて口当りのいい曲を作っているような感じがします。口当りはいいけど度数が高いカクテル、ロングアイランドアイスティーのような感じでしょうか?(飲んだことないんですけど。)

閲覧者のみなさまにもおすすめします

閲覧者のみなさまにも、すかんちの口当りの良さを楽しみながらも、ぜひ飲み過ぎてどっぷりと酔っていただきたいアルバムです。

すかんちローリー寺西)の小ネタ2発

ところで、ローリー寺西は、いろいろと面白い人です。

バンド名はこう決めた(らしい)

まだアマチュアだったころ、バンド名を決めていなかったんだそうです。で、ライブに出ることになって、ライブハウスから名前を教えてくれと言われ、「適当に書いといてください」と答えたんだそうです。

当日会場に行ってみると、なんと「ちんかす」と書いてあったそうで。ライブハウスの人が怒ったんですね、きっと。仕方ないので「これは右から読むんです」ということで、すかんちにしたとか。


という話をしているのをテレビで見た覚えがあります。あちこちに私の記憶違いがあるみたいですけど。

笑っていいとも!で小暴れ

すかんちのボーカル、ローリー寺西は笑っていいともに出ていたことがあります。たしか、ギターで表現した擬音を当てるコーナーじゃなかったかな?

確かにギターの技術は卓越していましたが、御本人の性格に少々難があるというか、変なことや刺激の強いことばかり言って、毎週騒ぎになっていました。


最終出演の際には、手製の?オルゴールにのせて「さようなら ローリー」を悲しく歌い上げました。1回しか歌わないのは惜しいぐらいの、とてもいい曲でした。。
ところが、「最後に一言。奥さん、あんたの家のお米、腐ってるよ!」とやって、騒然とした中を去って行きました。

翌週タモリさんが「あのあと『うちのお米は腐ってません!』という電話が来た」と言ってまして、去ってからも騒がせる人だなあ、と思ったのを覚えています。



なかなか面白い人でした。



おしまい。