下らない疑問・卒塔婆を書き間違えたら?

本日の内容

  • 卒塔婆
  • 書き間違えたら?
    • 捨てる
    • 削る
    • 下書きをしている
    • そもそも間違えない


卒塔婆

卒塔婆ってありますよね。お墓の後ろ側あたりに立ってる、スキーみたいな板のことです。( 卒塔婆とは|東京の霊園.com
法要等の事前に頼んでおくと、当日までに用意しておいてくれます。文字が手書きなので、字の上手なお坊さんが書いておいてくれるのでしょう。

書き間違えたら?

で、卒塔婆の字を書き間違えたらどうするんでしょうね?

捨てる

新しく書きなおすのはいいとして、間違えたやつは捨てちゃうんでしょうか?ちょっともったいない気もします。が、それよりも未完成とは言え卒塔婆みたいなものをホイっと捨てちゃうのはまずくないすかね?

それとも、間違えた卒塔婆はきちんと取っておいて、何かの供養のときにまとめてお焚き上げでもするんでしょうか?

削る

卒塔婆は板ですから、かんなで削ればなんとかなるかも?間違えた文字だけ消すと厚さが変わるので、一気に全部削っちゃう?

全部同じように削るのは難しそうですが、電動かんななんぞを用意してあったりするのかも?

下書きをしている

自信のないお坊さんはこっそり下書きをしていたり?これはありそうだなあ。

そもそも間違えない

お坊さんもプロですし、精神を集中して一気に書き上げるので、そもそも間違えない・間違えたことがない、という可能性も考えられます。
うむ、下書きなんかよりこっちの方が本当らしい気もします。下書きがあると気合いの入った文字が書けないですもんね。



私は「そもそも間違えない」が本命・「下書き」が対抗・「捨てる」が単穴・「削る」が大穴、ってところかなあと思っています。でも、大穴だと面白いので、今度お墓参りに行ったら、墓地中の卒塔婆の厚さを計ってみようかな(笑)。



おしまい。