読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンパ管とウォーキング

本日の内容

  • リンパ管
    • リンパ管にはポンプがない
    • ミルキングアクションがポンプの役割をする
  • ウォーキングは体にいい(当たり前過ぎる)


リンパ管

先日読んだ解剖学の本 面白図解 はじめての「解剖学」 (健康ライブラリー) によると、「動脈」「静脈」に続いてリンパ管を「第三の管」と位置づける考え方もあるんだそうです。そうなのか。クイズの世界では「動脈・静脈・毛細血管」とか「動脈・静脈・門脈」なんてことをやるみたいだけど。

リンパ管にはポンプがない

で、リンパ管が動脈・静脈と違うのは、「ポンプがない」ってことだそうです。動脈・静脈は心臓というポンプで血液を流していますけど、リンパ管にはポンプ(心臓)に当たるものがないんだとか。言われてみればそうですな。

じゃあ「ポンプがないのになんでリンパ液が流れるの?」という疑問に関しては「筋肉が収縮するとリンパ管が圧迫されるので、その力で流す」んだそうです。(逆流しないのは弁でもついてるのかな?)


ん?これはミルキングアクションのことかな?

ミルキングアクションがポンプの役割をする

ところで、ミルキングアクションって知ってます?昔マッサージの本を読んでいて知ったんですけど、ミルキングっていうのは「乳搾り」のことで、それに似た作用のある動作のことです。
つまり、ミルキングアクションとは、リンパ液を乳搾りの時のようにぎゅっぎゅっと流す、とってもいい動作である、ということになります。


で、このミルキングアクションは、歩くことで起こるんだとか。歩くと足の筋肉を順番に収縮させるわけですから、そういうことはありそうです。足(脚)は筋肉量も多いですしね。

ついでに、リンパ液だけではなくて血液の循環も良くするんだそうです。


そうそう、「後ろ歩き」の方が効き目があるそうですが、長時間後ろ向きに歩く、なんてできないので(トレッドミルを使えばできるかも)、普通に歩けばいいような気がします。

ウォーキングは体にいい(当たり前過ぎる)

と、こういう面からもウォーキングは体にいいようです。リンパマッサージってのがあるそうですけど、そういうのと同じ効果が得られる、かも?


「ウォーキングは体にいい」って、当たり前すぎて、すごくつまらない結論だなあ。





おしまい。