読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天然水の枯渇

本日の内容

    • 南アルプス天然水は相当量を汲み上げているはず
    • エビアンは世界規模で供給されているけど、大丈夫なんだろうか?
      • 地盤沈下どころかカラッカラになってないだろうか?

 

      南アルプス天然水ってありますよね。あれ、あちこちで見かけるので相当量を汲み上げているはずです。そんなに汲み上げて水が減ったりしませんかね?
      「最近さあ、仙丈ヶ岳北岳に登るのがラクになった気がしない?」「ああ、それね。南アルプス天然水を汲み上げまくったんで地盤沈下しちゃって、山の高さが低くなってるんだよ」なんて会話が登山者の間で交されたりしてませんかね?そのぐらいは汲み上げてそうですけど(笑)。
      南アルプス天然水は(たぶん)日本国内でしか消費されていません。でも、フランスの銘水エビアンは世界中で消費されているはずです。エビアンの方がなくなるかも知れない危険性は高いんじゃないでしょうか?
      「最近のエビアンの水位、やばくない?」「なんせ極東の島国からも注文があるぐらいだしなあ」「このままだと無くなるぞ」(数年後)「おい、本当に無くなったぞ」「近くの水を持って来ちゃえ」「一応エビアン市でボトル詰めしとこう。気は心だ」
      とかやってないでしょうね?やられてもさっぱりわかりませんけど。

 

    おしまい。