注文の多い舟歌

本日の内容


八代亜紀さんの「舟歌」に出てくる人(たぶんオヤジ)は、注文が多くありませんか?

酒はぬるめの 燗がいい

お客さん、ぬる燗ですね?

肴はあぶった イカでいい

ヘイ、炙りイカ一丁!(うちは焼きゲソしかやってないんだけどなあ)

女は無口な ひとがいい

「……(そういわれっと、あっしも口つぐんでなきゃいけない気がしてきました)」

灯はぼんやり ともりゃいい

今のご時世だと「ぼんやり」させる方が難しいんだけどなあ。うちもLED入れちゃったし。

大したことを要求していないように見えますが、結構面倒臭いことを頼んでいるような。

 


これが2番になるともっと面倒なことになります。

店には飾りが ないがいい

すいません、今片付けます。

窓から港が 見えりゃいい

引っ越しでもしろっていうんですか?

はやりの歌など なくていい

すぐに有線消します。気が利かなくて。

どきどき霧笛が 鳴ればいい

船一隻借りなきゃいけませんぜ、お客さん。

港の見える場所にある静かな飲み屋でたまに霧笛が聞える、かあ。物凄い贅沢のような気がするなあ。

 


おしまい。